昨日の夜19時頃書店へ向い、ぱっと手にとったのがこの本

 

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

 

調べてみたら評価高かったので迷わず買ってみた。

読み始めたのは深夜二時くらい。それまでゲームしていた。笑

まず何故本を読もうと思ったのかから話していきます。一週間研修で会社で働いていたんだけどその時出会った同級生にやることないなら本をたくさん読めと言われた。そいつは様々な人(教授とか偉い人)に聞いて本は読めと何度も言われたそうだ。そのせいで本を読んでみようと思った。しかし、今まで挑戦はしていたのだがしばらくすると違うことに夢中になってどうでもよくなり放置してしまう。そこで考えた。その日のうちに一気に読めばいいのではないかと。試した結果成功した。優先事項を一位読書に変えた。ひたすら読む。深夜2時から5時くらいまで集中して読んだらもう半分を過ぎていた。私はここでギブアップ。起きたら10時だった。ドラゴンボールを見逃す。ショックを隠しきれない。魔人ブウだぞ。その後ネットで視聴。で午後三時から続きを読む。読み終わったのはギリギリ19時くらい。目標達成した。

 

一気に読むのはいいことなのか気になり調べてみた。

 

本は鮮度が命なのだ。買ったその日が一番読みたいという気持ちが強
い日なのだ。その日のうちに読んでしまう。だから、まとめ買いをし
ておくと賞味期限が切れるのだ。

 

 

なるほどなと思った。これから一気読みスタイルを貫くとしよう。

 

社会に出てみて思ったのが理論的に話せない。頭良い上司と会話するには経験がたらないと実感した。かならず論破?されてしまう。考えが甘いのだ。思考力が必要だな・・・・

 

 

 

前置きがめっちゃ長くなってしまった。読んでくれる人はいるのかは疑問だが読んでくれてると信じて書く。

 

さらっとネタバレしない程度に内容をまとめるとこんな感じである。

視野を日本地図だけではなく世界地図としてみる。まずアイデアを考える。このアイデアは世界のどこで通用するだろうか。から始める。日本だけで考えていては意味のないアイデアでそのまま没になっていたかもしれない。しかし世界まで見てみると使えるところがどこかあるはずだ。一儲け出来たかもしれない。なんってたって世界は広いから。そう考えてみると面白くないか?という感じ。(少し違うニュアンスかもしれないが大体こんな感じ)

 

 外国に買収されていきなり上司が外国人?!

 

ありえるかもしれない。うーん。そうなるとやっぱ円滑にコミュ取るには英語が話せないといけないね。

 

じゃあそのためには私たちは何をすべきか?が解説して有りあります。

 

又、実際に世界を回って会いに行った人の具体的な内容もしるされています。

 

おそらくですが日本人はこのまま日本の中にいると一向に衰退すると思ってます。どんどん中国やインドに抜かされ日本は孤立してしまいます。そこで僕たち(若い世代)がどんどん海外に出向き、主張ができる日本人、日本に変えていくべきだと思いました。日本人のいいところは謙虚で空気が読めるところだと筆者は述べています。外国では空気を読めない人が多いのです。外国では重宝されるみたいです。日本人の武器を活かしつつがんがん主張できるようにならなければいけないと感じました。

 

想像もできないような体験をしたいならば海外に出るべきだ。

 

的な感じです。サクサク読めて面白かったです。

次は自由人の脳みそっていう本買ってきました。読んできます。